薄毛治療で自毛植毛を選ぶといいのはどんな人?

植毛できる髪の毛が残っている場合

カツラや人工毛植毛とは異なり、自毛植毛は自分の髪の毛を使って植毛を行います。そのため、移植するだけの髪の毛が残っていなければなりません。頭頂部だけが薄毛になっている方や前髪が怪しい方など、薄毛のタイプは個々人によって異なります。しかし、AGAによる薄毛など原因は共通していることが多く、一般的に後頭部や側頭部の髪の毛はAGAの影響を受けにくいとされています。そのため、一度自毛植毛してしまえば定着さえすれば元通りの頭皮に戻る可能性が高く、安心して日々の日常に戻ることができるのです。また、自分の髪の毛を使うのでその部分だけ浮いてしまうこともありません。仕上がり後の違和感を気にされる方にも推奨できる方法です。

ある程度のコストを覚悟できる

自毛植毛は保険適用外となるので、ある程度の高コストは覚悟しなければなりません。自毛植毛は植毛する髪の毛の本数によって金額が決まります。ちょっとだけ植毛をしても意味がありませんし、大抵は数千本をまとめて植毛することになります。この場合、1,000本ほど植毛すれば50万円以上になることも多く、2,000本3,000本にもなれば金額も倍々に増えていきます。そのため、これだけの費用を支払える方は自毛植毛を検討してみましょう。また、カツラや人工毛は定期的にメンテナンスしなければなりませんが、自毛植毛は自分の髪の毛なので肌との相性もバッチリです。一度成功すればその後メンテナンス費など追加費用がかかりにくい点はメリットといえるでしょう。