薄毛治療で自毛植毛を受けたらその後の治療は不要になるの?

一度の治療で済むのがポイント

自毛を植毛する場合の最大のメリットと言えば、やはり術後のランニングコストがかからないといった点です。植毛が成功し、きちんと定着すれば、植毛した髪の毛も他の髪の毛と同様に生え続けることになりますから、術後に特別なメンテナンスなどが必要になることはありません。一方、育毛剤の利用や内服薬、カツラといった薄毛治療では治療の継続が必要になってきます。治療に終わりが見えず、続けていかなくてはいけないというのは、気持ちの面でもお金の面でも大変ですよね。それら他の薄毛治療と比べると、自毛植毛は一度の治療で良いので手間が少なく、格段に楽なところが魅力と言えます。また、元になっている髪の毛も自分自身のものなので、植毛した部分だけが浮いてしまう様なことは少ないですし、自然な仕上がりが期待出来るのも嬉しいところですよ。

植毛箇所以外に治療が必要な場合も

自毛植毛では自分の髪の毛を利用しますので、当然、植毛出来る髪の毛の量には限りがあります。薄毛の部分が広範囲となり、植毛出来る髪の毛が十分にない場合には、植毛治療を行える範囲に制限が出てしまうので注意が必要と言えます。また、植毛した髪の毛については、薄毛の影響を受けることは少ないと言われていますが、その他の部分で薄毛が進行してしまう可能性は否定出来ません。したがって、植毛を行った箇所以外に症状が表れた場合には、何らかの薄毛治療が必要になります。自毛植毛では、薄毛部分に自分の髪の毛を移植し、薄毛をカバーすることは可能です。けれど、頭皮全体の薄毛を改善したり、植毛を行っていない箇所の薄毛に働きかけたりといったことは出来ませんので、しっかりと頭にいれておくことが大切です。